ギャンブ

スイスのカジノ事情とおすすめカジノ施設9選

独占ゲームジュネーブカジノ 37339

プロフィール:マルキ明子

スイスの観光地としても有名なルツェルン州には大きなカジノ施設がある のをご存じでしょうか?もちろんスイスにはこの他にもたくさんのカジノが用意されており、観光や食事など優雅な時間を楽しみながらカジノプレイができます。 この憲法があることで日本では賭け事は禁止とされています。そんな日本で生きているとどうしても「 カジノのプレイ=違法 」ととらえがちではないでしょうか? 実はカジノにはドレスコードが用意されているため、 カジノによってはそういった服装でないと入場することができないという規制もある のです。 どのカジノにもいえることですが、入場料が無料に設定されているカジノもあるため、雰囲気を確認するために気軽に入場することも可能です。 ただ、入場料が有料のカジノもあるので、どちらかわからない場合には必ずリサーチしてから入場するようにしましょう。 引用元: www。 スイスと言えばチューリッヒを想像する人もいるのではないでしょうか。チューリッヒ駅からタクシーで5分以内にアクセスすることができるカジノこそ「 Casino Zurichsee 」です。

朝の散歩 - ジュネーブ湖

結局、問題はゲームの大部分がスキルに基づくものなのか、それとも運によるものなのかということにあり、連邦政府の発想ではこのようなゲームが成り立つのはスキル、そして州は運だとしているのだ。 連邦政府の目には、トーナメントで行われているポーカーの中にはスキルが主要となっているタイプのものがあると映っている。それは参加者の数やテーブル・ステークス 賭け金 の大きさなど、さまざまな条件に左右される。一方、プレーヤーが「チップアップ 賭け金を徐々に増やすこと 」をしたり、好きな時にゲームをやめたりすることができるキャッシュ・ゲームは主に運がベースとなっていると考えられており、ゆえにカジノの外では非合法となるという理屈だ。 「わたしたちにとっては、どんな形であれ、ポーカーやトーナメントは運でしかない」 と言うのは「スイスカジノ連盟 Schweizer Casino Verband 」のマルク・フリードリヒ会長だ。そして、そのようなトーナメントではカジノから締め出されているギャンブル中毒の人々にもプレーの場を提供していると批判する。 しかし、同時にフリードリヒ会長は、連邦政府の決定によってプレーヤーがほかの場所に幸運を求めるようになり、「年以降、下り坂になっているのは明らか」とカジノ業界が打撃を被っていることも認める。 一方、トーナメント事業者でありポーカーのプロでもあるリノ・マティス氏は、現実はその逆で、モントルー Montreux やバーデン Baden のカジノでは、カジノ内でしかプレーできないキャッシュゲームでひと山当てようとする人が増えていると主張する。 友人同士で行うプライベートゲームは家主にコミッションが支払われなければ合法とみなされるが、当局はコミッション代わりのビールが手から手へと奇妙な具合に渡っていくことに対しては目をつぶっているようだ。 トーナメントに関する法律作成のニュースは、スイスのカジノ外で催されるこれまで最大の規模を誇るポーカー・トーナメントを目前に公表された。この「スイス・ポーカー・マスターズ」は8月9日から16日までチューリヒで開催される予定だ。トーナメントを運営するマティス氏はおよそ人のエントリーを見込んでいる。これは昨年ベルンで開かれたトーナメントの10倍に当たる数字だ。 このトーナメントでは「スイス・チャンピオン」というタイトルのみならず、現金2万フラン 約万円 の賞金とバハマで開かれる「ヨーロッパ・ポーカー・ツアー」のオール・インクルード・パッケージも手に入れられる。このパッケージの価値は1万フラン 約万円 だ。 だが、この大会はラスベガスで開催される世界選手権のスケールとは比べ物にならない。7月初旬に1万ドル 約95万円 を支払って世界選手権のメインイベントにエントリーした人は人弱。決勝進出を果たした9人が賞金の万ドル 約25億円 を山分けできるのは、11月7日から11日まで開催される決勝戦のあとだ。優勝した人は何と万ドル 約8億円 を手に入れることになる。 だが、トーナメントの開催密度でいうと、スイスはアメリカの次に高い。例えば「バイイン・ドット・シーエイチ Buy-in。 ch 」などのウェブサイトは一晩におよそ50ものトーナメント広告を出しており、それぞれ20人から人のプレーヤーの参加を募っている。 前出のマティス氏は 「スイスは現在、ポーカーに関していうと世界でも有数のリベラルな国だ」 と言う。 「スイスにはポーカーで生計を立てている人がおよそ50人いる。だが、ほとんどの人は他言しない。ただし、それは恥ずかしいからではなく、収税吏の耳に入ると困るからだ…」 トマス・シュテファンス、swissinfo。 ch 英語からの翻訳、小山千早。 スイスの有権者は、年のレファレンダムで賭博の解禁を認めた。 連邦政府は年からカジノ運営に対する認可を開始すると約束し、7つのカジノがいわゆる「Aライセンス」を獲得した。これらのカジノでは、賭け金の上限なくゲームを行うことができる。 スイス・カジノ連盟に加入しているカジノは18を数え、総計台のスロットマシンと台の賭博台が置かれている。 最近になって、連邦政府はスロットマシンをレストランに再導入するための法律の改正を提案した。だが、産業の各分野から批判の声が上がった。 スイスでは、カジノへの立ち入りを禁止されているギャンブラーをゲームに参加させたカジノオペレーター ライセンスを有するオンラインカジノ運営会社 に対して最高50万フラン 約万円 の罰金が科せられる。 この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、 community-feedback swissinfo。

コメント