ギャンブ

シンガポールのカジノは、なぜ成功したのか

投資戦略リゾートワールドセントーサカジノ 19787

リゾート・ワールド・セントーサの大規模拡張計画に着手

シンガポール政府観光局が、ラスベガス・サンズ LVS とゲンティン・シンガポールとの間で合意に達し、両社にはそれぞれの統合型リゾート、マリーナベイ・サンズ MBS とリゾート・ワールド・セントーサ RWS を大幅に拡張することが許可された。 発表の中でLVSは、現地子会社のマリーナベイ・サンズが約45億シンガポールドル 約3,億円 の投資を行う予定であることを明かし、その新しい開発には「屋上アトラクション」、会議室、ファンクションルーム、展示ホールそして1万5千席以上の最先端ライブエンターテインメントアリーナなどを持ったホテルタワーが含まれる予定。合意には施設が建つ土地の年8月21日までのリースが含まれている。 MBSには1,台のゲーミング機の追加 合計で3,台 、ホテルタワー1の55階部分全体のカジノフロアへの改装への承認、そして必要であれば2,㎡のカジノゲーミングエリアの追加購入のための許可が与えられることになる。

ラスベガス・サンズ、ゲンティン・シンガポールがシンガポールIRの大規模拡張で政府と合意

総額45憶シンガポール・ドル(約3, 億円)に及ぶ再投資は、 シンガポール観光産業に長期的かつ持続的な価値を創造し、 観光デスティネーション構築において信頼のおける IR事業者としてパートナーシップを築いてきたゲンティン・シンガポールの位置づけを確固たるものにします。 シンガポール, 年4月3日 — シンガポールに本社を置くゲンティン・シンガポール・リミテッド(以下、ゲンティン・シンガポール)は、シンガポール観光産業の変革の推進と同国の経済成長の促進において重要な役割を担ってきました。強固な法制度の下で整備された安定的なビジネス環境は、10 年来のリゾート・ワールドセントーサ(RWS)の成功の基盤となってきました。今日、RWS は年間 2, 万人以上の来訪者を誇るアジア必見のデスティネーションであり、シンガポールへのインバウンド客の 3人に 1人以上が訪れています。 RWSによるその驚異的な成功を足掛かりとして、ゲンティン・シンガポールは将来への持続的な成長に向けた新たなステージとなる大規模拡張計画を発表しました。RWS 2。 ユニバーサル・スタジオ・シンガポールの拡張 ユニバーサル・スタジオ・シンガポールは次世代のテーマパーク・エンターテインメントの導入を更に推進するため、ミニオン・パークとスーパー・ニンテンドー・ワールドというテ ーマ性が高く没入体験型のエリアを新設し、年の開業以来初の拡張を実施します。一つはイルミネーション・エンターテインメントの代表作である怪盗グルー・シリーズ(原題: Despicable Me)を題材とし、もう一つはニンテンドーの世界的な人気を誇るゲームやキ ャラクターの冒険の数々を題材とします。この二つのエリアでは家族向けの乗り物とアトラクションが目玉となります。 スーパー・ニンテンドー・ワールドでは、ニンテンドーゲームの楽しさ、キャラクター、アクション、そして冒険がリアルに再現されます。ゲストはテーマ性の高い数々のアトラクシ ョンや商業施設で溢れるエキサイティングな世界に足を踏み入れることにより、あたかも自分たちが伝説的なニンテンドーの冒険の世界に飛び込んだかのように感じることでしょう。テーマゾーンの詳細は今後発表していきます。

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。 トップ 新型コロナ ビジネス 政治・経済 マーケット キャリア・教育 ライフ 鉄道最前線 自動車。 ライフ カジノが日本にやってくる! シンガポールのカジノは、なぜ成功したのか 2施設で年間営業利益が億円に。 小池 隆由 : キャピタル&イノベーション代表取締役 著者フォロー。 トピックボード AD。

コメント