ギャンブ

ゴールディロックス: GOLDILOCKS

新規登録ゴルディロックスと3匹のくまスロット 37191

ゴールディロックス: Goldilocksの特徴

金融市場では、物価(インフレ)の上昇率が高すぎず低すぎず、経済全般が落ち着いている状況を「ゴルディロックス経済」と呼ぶことがあります。それは、多くの投資家が居心地良く感じる「適温経済」と言えます。言うなれば、先行きを強く懸念することなくリスクがとりやすい、投資にちょうどいい状況です。 経済や金融市場は常に合理的に動くとは限りません。企業業績が悪化している一方で、株価が上昇することなど、理屈で説明しづらいことは日常茶飯事です。それを的確に説明することは、そう簡単なことではありません。 そうした状況に直面したとき、多くのエコノミストらが「ゴルディロックス経済到来」と言い始めることが多いようです。この言葉には、分かったような気になってしまう雰囲気があるのかもしれませんが、逆に言えば、どのような経済環境がゴルディロックスに相当するか、厳密な定義はないと言えます。その分、エコノミストらが何をもって「ゴルディロックス」と言うか、その背景を客観的に把握する必要があります。 ゴルディロックス経済という呼び方が使われ始めたのは、年頃と言われています。米国の大手証券会社に勤務していたエコノミストがこの表現を用いたのが最初であるようです。当時、米国経済は3%前後の堅調な成長を遂げていました。一方、物価も安定的に推移していました。この背景には、情報(IT)技術の革新が企業活動などに関するコストを低下させ、徐々に消費者物価が落ち着き始めたことが影響しているのではないかと考えられます。 リーマンショック後も、たびたびエコノミストらは経済がゴルディロックス状態にあると指摘してきました。この背景にある最大の要因は、緩和的な金融政策がもたらす「カネ余り」ではないでしょうか。 まず、景気が悪化すると中央銀行は銀行などの金融機関の資金繰りを支えるために、政策金利を引き下げます。それでも景気が改善しない場合は量的緩和など、より積極的な緩和策が進められます。 このような金融緩和が進むにつれ、短期から長期までの金利(国債の流通利回り)は低下します。金利の低下は一定期間債券を保有することで得られる利息収入(インカム)が減ることを意味します。つまり、金利の低下が続くと、投資家は徐々に債券から得られる期待収益に満足しなくなる可能性があります。 より高い利回りを得ようとする投資家は、国債よりも社債、社債よりも株式や不動産と、徐々にリスクをとるでしょう。こうして、金融の緩和が債券市場から株式などのリスク資産への資金シフトを促します。これを「ポートフォリオリバランス効果」と呼びます。 一般的に、株式などのリスク資産の価格が上昇すると、わたしたちの心理は前向きになると言われます。これが「資産効果」です。それがさらなる株式投資の増加や一時的な高額商品の購入などにつながることが期待されます。こうして、物価の基調に大きな変化はないものの、金利の低下(債券価格の上昇)と株式市場の上昇という、一見すると居心地の良い経済、金融市場の環境が演出されると考えられます。

コメント