ギャンブ

【マレーシアカジノ】ポーカーで損しない方法

ポーカーのブラフマレーシアのカジノ 9875

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

テキサスホールデムポーカーとは、 プレイヤー(自分)と参加プレイヤー全員との勝負 で、 手札(ホール又はポケットカード)2枚と、テーブル上に開いて置かれる、全員が共通して使うコミュニティカードが5枚、合計7枚の中から5枚を選んで、勝負する カードゲームです。 人気の理由は、 強い役を作るだけでなく、弱い手でもブラフ(強いと思わせる事)を使い、自分以外を勝負から降ろす(フォールド又はダウン)事でも勝てる為、駆け引きが好きな方には堪らない からです(笑)。 ビッグブラインドの左隣の人をアンダーザガン(UTG)と呼び、全プレイヤーの内、最初に次の行動の選択を迫られます 。他プレイヤーの出方を見れない為、最も不利な位置と言われます。 ディーラーは山の1番上のカードを、不正防止の為に1枚横へどけます(バーン・カード)。そのまま 3枚続けてテーブル上に開いて置かれます。これをフロップと呼び、スモールブラインドから順番に行動選択をしていきます 。

#1 オマハポーカー

テキサスホールデムポーカーは、 自分(プレイヤー)と、自分以外の全参加プレイヤーと勝負 する、 テーブル上に開いて置かれる5枚のコミュニティーカードと、手札2枚の合計7枚の中から5枚を選んで勝負し、手役が強い方が勝ちとなる、カードゲーム です。 テキサスホールデムポーカーの テーブル内で、誰が一番強いかを決めるゲーム なので、 弱い手札でも強いと思わせ(ブラフと呼ぶ)、自分以外の参加者を勝負から降ろす事でも、勝つ事が出来 ます。 ビッグブラインドも強制ベットさせられただけなので、最後に回ってきますが、 誰もレイズで引き上げていなければ、チェック(追加無し)と言えば、勝負を続行 出来ます。 スモールブラインドから順番に行動選択をし、 全員がチェックで回すか、全員が同じベット額になったら 、4回目のベットタイム(リバー)へ、進んでいきます。 最後にレイズした人か、ベットして他のプレイヤー全員がコールした場合は、ベットした人、チェックアラウンドの場合はスモールブラインドから順番に 、手札を公開していきます。 コールしたくても、 手持ちが少なくコール出来ない場合、手持ちのチップを全部賭ければ勝負を続行させる事が出来る 、オールインというルールが存在します。

マニラのポーカールームの総評

カジノ仲間から教えてもらった優良サイトであり、日本でスマホが普及しだした頃からスマホ対応していたので、日本人ユーザ数も5万人以上と言われてます。 入出金もスムーズで動きが滑らかで固まることがほぼ無いのでストレス無くプレイできますね。 オンラインポーカーで自分が鍵になる手札を持ってプレイしているように見せたり、敢えて意味のないカードを切っていくといった ブラフをかけていく のも戦略の一つです。 もし、ブラフを全然かけてこないプレイヤーが ベットやレイズを仕掛けてきたら 、そのプレイヤーはいい手を持っていることになります。 ブラフをかけすぎて 自滅をするケース もありますので、自分の手札でどのような役を作っていくかに意識を持って行くことが大切です。

コメント