ギャンブ

中国依存のカンボジア 新型肺炎でシアヌークビルのカジノは「空っぽ」に

再登録カンボジアカジノ 62452

ナガワールド(Naga World)って?

一般的に流通に米ドルが使われるようになるのはハイパーインフレションが起きた場合などに見られる現象ですが、カンボジアではその歴史的経緯から米ドルが広く流通するようになっています。カンボジアは1975年から1979年までポル・ポトが原始共産制を進めたことによって貨幣制度が廃止されました。貨幣所有や私有財産の保持も禁止されて銀行は壊滅、リエルの使用が一旦停止されました。ポル・ポト政権の崩壊後、1979年にカンボジア中央銀行が再建され、1980年に再導入されていますが、1991年のパリ和平協定調印後は 経済復興のために多額の援助資金が米ドルで送られ、そのことで米ドルが広く使用 されるようになりました。また、 多くの外国人がカンボジアに居住したことで取引、売買に米ドルが主に使われ、UNTAC撤退後も国際支援機関やNGOが駐留したため、引き続き米ドルがよく利用された ということもありました。 その後も 外国からの援助資金や政府の借り入れによって米ドルの流入は続き、外国企業からの直接投資、観光業での外貨収入が増えた ことで、経済が好転した後も自国通貨以上にドルの利用が進んでいる状況になっています。 ドル化経済は、外国企業からすれば自国通貨との為替リスクを低減できる利点があり歓迎されています。流入したドルによって輸出を拡大させ、それがさらにドルの獲得に繋がるという好循環を生み出しています。一方、ドル化経済では 中央銀行が貨幣供給量をコントロール出来ない という問題があります。中央銀行はリエルの金利を操作することはできても米ドルの金利は操作できないので、米ドルが国内流通通貨量の90%、預金の97%を占めるカンボジアでは中央銀行はそのコントロールが難しい状況になっています。中央銀行は預金準備率操作を通じてマネーサプライを調整したり、リエル相場安定のため為替市場へ介入して1ドル4000〜4100リエル程度に調整し、インフレ率の安定を図っています。また、一般的には中央は「最後の貸し手」として、一時的に資金不足に陥った金融機関に対して一時的に資金の貸し付けを行いますが、カンボジアでは中央銀行がドルを発行することができないので、 各銀行が個々に経営の安定性を担保しなければならず、法定準備金額の2倍の準備資金をドル建てで保有して万一に備えています。 金融政策のためには自国通貨の流通を増やすことが必要になりますが、今のところは脱ドル化の兆しは見られません。 カンボジア国内には飲食店が2180店舗あり、うち952店舗はプノンペンにあると言われています。カンボジアは宗教上に食べ物の制限がないこと、好調な経済成長によってカンボジア人所得が向上していること、サービス産業の進出が容易なこともあって、飲食店を中心に外資系サービス業の進出が急増しています。 カンボジアの一人当たりGDPは2013年に1000ドルを突破。 2020年には1600ドルに達すると予測されています。カンボジアの家計所得について、2013年に米国の研究所が実施した18才以上の2000人に対する世論調査によると月収101〜250ドルの世帯が36%、251〜500ドルの世帯が19%、501〜1000ドルの世帯が9%、1000ドル超の世帯が8%を占めているという結果でした。 ジェトロが2015年4月に独自に行った調査によると、プノンペンに店舗を構える日系レストランは177社あります。日本大使館に登録済みの在留邦人は2000人を突破し、日本人駐在員も年々増えてきています。日本人だけでなくカンボジア人の富裕層の日系の飲食店に足を運ぶ機会が増えてきたことから、 日系レストランの進出が加速 しています。 カフェブームの火付け役になったのは、BROWN Coffee and Bakeryで、カンボジア人の若手起業家が欧州に留学、欧米のカフェ文化に感銘を受けて、カンボジアで広めたいとの思いから帰国後に起業したものです。2009年に1号店をオープン、以降急速に店舗数を拡大し、2015年には10店舗を超えています。2015年末にはプノンペンの空港内にスターバックスコーヒーもオープンし、2016年以降その店舗数を拡大しています。英国の老舗コーヒーチェーンCOSTA Coffeeや、中国やベトナムに展開している韓国のベーカリーチェーンTous Les Joursなどもカンボジアに進出しています。飲食店は各国から続々と参入してきており、競争も激しいため、半年も経たずに撤退する店舗も少なからずあります。

カンボジアの経済について、お堅い数字の話から、グルメ情報といったやわらかい話まで、ビジネス関係の方にお役に立つブログです

東南アジアの他のどの都市よりも、専制体制を敷くカンボジアは、南シナ海にも近く、地政学的な利点から、中国共産党は積極的に投資してきた。タイランド湾に面すシアヌークビルは、 一帯一路 の重要な港湾および産業プロジェクトを抱える。 Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。 今はやめる 試してみる。 ニュース 海外 中国 中国依存のカンボジア 新型肺炎でシアヌークビルのカジノは「空っぽ」に。 中国依存のカンボジア 新型肺炎でシアヌークビルのカジノは「空っぽ」に 年2月20日 0。 中国化が進むカンポジア。なかでも、南部の湾岸都市シアヌークビルでは、中国資本が広く浸透し、中国人が溢れていた。しかし、現在、新型コロナウイルスの影響を受けて、街から中国語が聞こえなくなった。 55歳のトゥクトゥク(電動三輪車のタクシー)ドライバーであるクワン・サムヘイさんは、路上で乗客を探すが、「中国人観光客はもうひろえない」とロイターに語った。「街は以前より穏やかで整然としている。でも、私のような仕事には悪影響だ」と語った。 東南アジアの他のどの都市よりも、専制体制を敷くカンボジアは、南シナ海にも近く、地政学的な利点から、中国共産党は積極的に投資してきた。タイランド湾に面すシアヌークビルは、 一帯一路 の重要な港湾および産業プロジェクトを抱える。 米ボイス・オブ・アメリカによると、年から年にかけて、中国資本と中国人が数多くシアヌークビルに押し寄せた。統計によると、中国人は同都市人口の3分の1を占め、約10億ドルの投資をしている。都市経済は、カジノにより支えられ、この利益で首都プノンペンへの高速道路の建設が進められている。オンライン賭博市場は治安を悪化させ、中国の闇組織の派閥抗争を引き起こすなどして、地元の人々を心配させている。 この状況を受けて、カンボジア政府は年8月18日、インターネット賭博の禁止を命じた。禁止令の後、シアヌークビルの残りの認可カジノは中国顧客を受け入れてきた。また街は不動産開発業者も投資を受け入れ続けた。 【次のページ】年の新型コロナウイルス(COVID)は、シアヌークビルを再。

カンボジアの基礎知識-経済 その2

プノンペンのカジノについて気になる方も多いのではないでしょうか。プノンペンには「ナガワールド(Naga World)」という有名で大規模なカジノがあります。年初旬、前年における「ナガワールド」のVIP顧客による賭け金総額がカンボジアのGDPを超えたというニュースが在住者の間で駆け巡り、衝撃を与えました。 服装について気になる方もいるかもしれません。「ドレスコードがあるの? 」「カジュアルな格好で行ったら浮く? 」という不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。心配は無用です。「ナガワールド」では服装に関する規則は特になく、半袖短パンの人、サンダルの人、スーツの人、ドレスコードの人、はたまたパジャマのような格好の人など、様々です。ご自身のいつもの服装で行って問題ありません。 プノンペンの中心に佇む本格イタリアン「il forno(イル フォルノ)」。 シックな大人空間で、ピザやパスタをはじめとする幅広い本格イタリア料理を愉しむことができます。 大切なお食事のもう一つの主役として、オーナー自らが厳選したワインも充実のラインナップ。 ホーム 生活情報 夜遊び プノンペンのカジノ「ナガワールド」を解説! ホテル内の施設まで。

カンボジアの高級ホテルに宿泊!!プノンペン・ナガワールド


コメント