ギャンブ

オンライン麻雀比較!賭け麻雀サイト比較

リアルカジノ賭け麻雀 9280

私が楽しんだリアルマネーが賭けられるオンライン麻雀ゲーム!

ですがはっきり言って 違法(じゃなくても逮捕)の可能性があるので止めたほうが賢明 です。 ほとんどのサイトで、 「サーバーが海外にあるから」なんて言ってますが馬鹿ですか? と。 違法か適法かを判断するのは裁判所であり、一般人ではありません。 もっと言えば、違法でも無くても容疑をかけられて逮捕状を請求されたら終わりです。 日本国内では賭博はもちろん違法です!ただなぜオンライン麻雀サイトでリアルマネーで賭け麻雀が合法でできるのか?それはなぜかというと、賭け麻雀ができるオンラインサイトは全て海外のサーバーで運営しているサイトだからです。 例えて言うならば、海外旅行で日本人がカジノでギャンブルを行っても違法にならないという事と一緒だと思って下さい。つまり、現在の刑法では日本国内で行われている賭博や賭け麻雀は違法として摘発する事になっているのですが、海外の賭博に関しては現在の刑法では違法にならないと言う訳なんです。日本国内の賭博は違法ですが、海外の賭博は違法ではないので安心して賭け麻雀が楽しめます。 引用元: オンライン麻雀でお金が賭けられるサイトを徹底比較【神7麻雀】。

リアルカジノ賭け麻雀 33693

DORA麻雀について

支払い方法 :VISA・Master Card・JCB・i-BANQ・NETELLER・Skrill・Click and Buy・Pay Safe Card。 麻雀広場のおすすめポイントは何と言っても1ドルの低レート卓からドルの高レート卓でガチの賭け麻雀が楽しめるなど、 ユーザーのニーズに合わせた賭け麻雀ができる事です! 麻雀の腕に自信がある方なら麻雀広場で生計を立てる事も可能です。 他にも、ほかのサイトは海外の独自の支払い方法が多い中で 麻雀広場は私たちの身近な楽天銀行でも支払いが可能です。 もし楽天銀行を持っていなくても簡単に作れるし、煩わしい手続きもないのでおすすめです! 社会人になってから仕事終わりにゲームセンターで麻雀ゲームをやるようになり、週3回くらい通ってやっていましたが、毎回 コンピューター相手に打っていても面白くないしゲーム代が無駄 だと思い始め麻雀ができるゲームをオンラインで探していると麻雀広場にたどり着きました。お金がかけられるので 臨場感があるし、いろいろなユーザーと打てるのでマンネリ化もない です。

ちゃんとお金が振り込まれた!信頼できる麻雀サイトTOP3

DORA麻雀 は、リアルマネーを賭ける事ができる麻雀ゲームです! オンライン麻雀をはじめたいけど、どのゲームが良いのか分からないという方の為に、今回はDORA麻雀をご紹介します! DORA麻雀とは は、2011年からサービスを開始している、 実際にお金を賭けて遊べる オンライン麻雀ゲームです。DORA麻雀はENTSERV ASIA LTDという海外にあるカジノライセンスを保有している会社が運営していおり、サーバーも海外にあります。 画面が真っ赤です。闘争心を煽っているのでしょうか 笑 暑苦しい感じですが、メニュー画面も卓の画面も意外とシンプルで見やすい。しかし、卓の画面がいやにスッキリしてるなと思ったら、卓の中央には「東」としか表示がない。普通の麻雀ゲームなら、中央に東場何局、点数、プレーヤー名などの情報があるのですが、DORA麻雀では卓の右側に情報を寄せていて、中央には東場か南場の表示のみ。画面がスッキリしてても、必要な情報が読み取りにくくなっていたら本末転倒かと。お金を賭けずにCPUと対戦の練習できるモードがあるので、慣れるまではそちらで遊んだ方が良さそうです。 天鳳 や MJ と比較すると、やはり人が少ないので、数を打ちたい人にはあまりお勧めできません。普段は、人の多いオンライン麻雀で腕を磨いて、たまに気分を変えていつもと違った緊張感で打つくらいが丁度良いと思います。

オンライン麻雀サイトはどうやって選べばいい?

ですが、海外のカジノに行って日本人がプレイしても逮捕されることはありません。 それと同じような考え方で、海外で合法で運営されているサイトで日本人が遊んでも、現在の法律では裁くことができない。というのが現状です。 つまり、 違法とも合法とも言えない「グレーゾーン」 という表現になります。 上記の点を踏まえると、現在の状況において注目すべき ポイントは「DORA麻雀自体が合法的に運営されているか」という点 になります。 DORA麻雀はマン島政府が発行したライセンスを取得して運営されています。 DORA麻雀で賭け麻雀をするということは、 正式な合法ライセンスで運営されているサイト でプレイすることになります。 その為、 現時点でDORA麻雀でのプレイは違法とは言えない。 ということになります。 ただ、将来的にオンラインでのギャンブルに対する法律が整備される可能性もありますので、最新の情報は常にチェックしておきましょう。

コメント