ゲーム

雀荘や客が賭博の罪で処罰されない理由は??弁護士が解説

カジノ法案賭け麻雀 39128

この記事が入っているマガジン

木曽: 今回の推進法の中には一年をめどとして実施法を整備しなさいという政府に対する要求が入っているので、まずは実施法案を整備し、実施法成立後、今度は設置する自治体の入札になり、選ばれた自治体が事業者選定をし、カジノの建設が始まるという流れになります。 木曽: オリンピックには間に合わないというということは、もともと私も主張してきたので、オリンピック後の振興策としてちょうどいい時期ではないでしょうか? 木曽: 確かに、それなりの効果は期待できますが、せいぜい国内で2~3のカジノで、日本全体での経済に与える影響はたかが知れているとは思いますが…。

水越孝「犬も笑うカジノ国会」 カジノ法案成立 シンガポールに見る成功条件 [モーニングCROSS]


日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

ですが、海外のカジノに行って日本人がプレイしても逮捕されることはありません。 それと同じような考え方で、海外で合法で運営されているサイトで日本人が遊んでも、現在の法律では裁くことができない。というのが現状です。 つまり、 違法とも合法とも言えない「グレーゾーン」 という表現になります。 上記の点を踏まえると、現在の状況において注目すべき ポイントは「DORA麻雀自体が合法的に運営されているか」という点 になります。 DORA麻雀はマン島政府が発行したライセンスを取得して運営されています。 DORA麻雀で賭け麻雀をするということは、 正式な合法ライセンスで運営されているサイト でプレイすることになります。 その為、 現時点でDORA麻雀でのプレイは違法とは言えない。 ということになります。 ただ、将来的にオンラインでのギャンブルに対する法律が整備される可能性もありますので、最新の情報は常にチェックしておきましょう。 ライセンスを取得していたとしても、DORA麻雀側が有利になるような設定がサイトにされていたり、イカサマや詐欺について心配される方もおられるでしょう。 DORA麻雀の安全対策をしっかりとチェック しておきましょう。 特にこういった業界では当たり前になっていることですが、合法の運営ライセンスを取ることは簡単なことではありません。 しかもそのライセンスを維持することも難しく、運営を続けるためには公正・公平な運営が認められる必要があります。

コメント