ゲーム

一度は行きたい!大人の贅沢なカジノリゾート「スターワールド ホテル」

フレンチルーレットスタジオシティカジノ 20823

カジノがあるマカオのホテルBest10

マカオのカジノ王に君臨するスタンレー・ホー氏の息子ローレンス・ホーがCEOを務めるメルコリゾーツ&エンターテインメント メルコ は年に創立、2年後の年12月には米国ナスダックに上場し2万人以上の社員を掲げる大企業に成長させた後、「シティ・オブ・ドリームズ」「アルティラ・マカオ」「モカクラブ」といったそれぞれに特徴のあるカジノホテルを実現してきました。その中で年10月27日にコタイ地区にオープンしたIR型大型娯楽施設「スタジオシティ・マカオ」は、32億米ドル/約億円を投じて、これまでにないレベルの「非カジノ要素」をたっぷり取り入れ、カジノ客よりも「一般客」「ファミリー層」に焦点を当てたテーマパークのようなカジノホテルとなっています。 モチーフとなったハリウッド映画を象徴すべく、オープニングセレモニーでは世界的ハリウッドスター、ロバート・デ・ニーロ、レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピットの3大スターが競演した、マーティン・スコセッシ監督の短編映画「The Audition/ザ・オーディション」のプレミア上映が行われました。

マカオカジノで遊ぶルールとマナー

カジノフロアは、鳳凰殿 Phoenix・ほうおうでん 、麒麟殿 Golden Fish・きりんでん 、帝王殿 Imperial House・ていおうでん 、赤龍殿 Red Dragon・せきりゅうでん の4つのエリアに分かれており、遊べるゲームは、バカラ、ブラックジャック、ルーレット、スロットなどの定番ゲームはもちろん、大小、ファンタン、カリビアンポーカー、3カードポーカー、3カードバカラなどのカジノゲームも楽しむことができます。 グランド・リスボアには、ミシュランで星を獲得したレストランが4つあり、そのうちの2つはミシュラン3つ星のレストランとなっています。一つは、香港の建築家アラン・チャンがデザインした「The Eight(ザ・エイト」となり、斬新なスタイルで作られたこのレストランでは、広東料理を楽しむことができます。もう一つは、ジョエル・ロブションの「Robuchon a Galera(ロブション・ア・ガレーラ)」となり、芸術性のある料理や種類以上の豊富にそろえられたワインを、グランド・リスボア最上階のドームからマカオの壮大な眺めを鑑賞しながら楽しむことができます。 ウィン・マカオでは、広東料理、日本料理、中華料理、イタリア料理、中国北方料理など沢山のグルメが楽しめます。中でもスワロフスキーで作られたクリスタルドラゴンが飾られている、「Wing Lei(ウィン・レイ)」という広東料理のレストランはとても有名となっています。他にも、誰でも気軽に楽しめるバーや馴染のあるスターバックスなども入店しています。

カジノパリのロビーへの入り方

ルーレットでは、ボールが入るスポットの番号そのものを当てる方法から、スポットが偶数なのか奇数なのか、スポットの色が赤なのか黒なのか、などを当てる方法まで多くのベット方法が存在します。 テーブルの種類も「アメリカン」「ヨーロピアン」「フレンチ」など数種類にわたり、それぞれに特徴があります。 しかしながら、ルーレットの遊び方はいたって簡単です。「 ボールが落ちると思ったポイントに属するベッティングポイントにチップを賭ける 」ただそれだけです。 難しい配当計算はすべてディラーがやってくれるので、ルールがわかっていない初心者でも安心して参加することができるカジノゲームなのです。 かつてはマカオやラスベガスの「本物のルーレット」とオンラインカジノの「ヴァーチャルなルーレット」では大きな違いがありました。 しかし、最近では「グラフィック」や「サウンド」は本物と見間違うほどのクオリティとなり、より本場カジノに近いルーレット体験が可能となりました。 ジパンググループ第三弾!!こちらは、 お手元の口座へ引き出し速度が最優秀クラス! 本来、数日間かかることが一般的だった引き出し反映の風潮が、カジノジャンボリー誕生を機に一掃!!リアルカジノ本来の勝負感に近いスタイルで楽しめます。 プレテック系カジノの中では、日本語対応の能力として最も優秀だと認められているカジノ!! 24時間日の日本語サポート導入 が非常に優れものです。あらゆるタイプのルーレットを満遍なく楽しめます!さらには、初心者に嬉しい 無料チップ贈呈 を実施中です。 迫力ある音質&グラフィック性能が優秀なマイクロゲーミング系で唯一、日本語対応が丁寧なカジノ! プログレッシブジャックポット機能付きゲームや他と違った魅惑感をさらに増したライブゲームも存在!! さらには、モバイル機器を使ってアウトドアでも遊べちゃいます!

カジノパリの全体をみてみましょう

ただ、フレンチルーレットは、ヨーロピアン同様1~36と"0"の計37個の整数で成り立っており、ハウスエッジ 控除率 と期待値も、ヨーロピアンルーレットと同じです 詳細については、 ヨーロピアンルーレットのハウスエッジ を参照。 ハウスエッジ 控除率 というのは、簡単に言えば 胴元の利益 のことを指します。 言い換えれば、ある賭けに対して勝った場合、本来理論上もらうべき配当から差し引かれる金額、つまり 手数料 のことをいいます。 ペイアウト率とは、ゲームに勝って理論上もらうべき配当の中からどれくらいのお金が手元に戻ってくるかの指標を指します。別名、 期待値 ともいいます。 控除率とペイアウトとの関係は、「 控除率 + ペイアウト率 =%」が成り立ちます。 アンプリゾンというのは、フランス語で「EnPrison」と書き、「監禁、囚獄、囚人、捕虜」を意味しています。 人間が犯罪を犯して「刑務所入り」されるのを連想するように、賭け金も出た目に応じてカジノで一時拘束される形となります。 ヨーロッパでの本場カジノでは、アウトサイドベットのイーブンベットでプレイ時に"0"が出た場合は、賭け金の半額が手元に戻され、もう一方の半額は保留されます。保留された金額は、次回のゲームで同じ賭け方で勝てば、無事にプレイヤーの手元に戻されます 負ければ没収。 例えば、「アウトサイドベットの赤黒」の赤に2ドルを賭けて"0"が出た場合、半分の1ドルはプレイヤーの手元に戻され、残りの半分1ドルのチップはレイアウトのアウトサイド 赤の部分 に置いたままの状態にします。 次のゲームでも同じイーブンベット 赤黒 で赤が出れば、残りの1ドルもプレイヤーの手元に戻されます 黒が出れば、1ドル没収。

コメント