参加

ブラックジャックのルールと遊び方

スロット用語ブラックジャックの遊び方 27684

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

ゲームの参加者が全員チップをベットし終ると、全員にカードが表向きに2枚配られます。(ただし、ディーラーだけは2枚のうち1枚が裏向きになっています) プレイヤーは、ディーラーの表向きの数字からディーラーの合計を予想し、その上で配られた自分のカードの合計と比べてさらにカードを貰うのかまたはやめるのかを判断します。 参加しているプレイヤー全員の手(合計値)が確定した段階で、ディーラーは2枚のうちの伏せてあるカードを表に向け、自分の手を披露します。 その際出来る限り公平になるようにする為に、ディーラーは。 ですが、上述のルールをただ単に聞いただけでは、 「どうしてこのようなルールが必要なのか?」 と、その理由が思い当たらない方もいると思います。 とはいえ、使われたすべてのカードを記憶しながらプレイすることは非常に難しいので、何かに記録しながらプレイできる環境が望ましいと言えます。 しかしながら、本場のカジノにスマホ等記録媒体を持ち込むことは不可能である為、カードカウンティングは オンラインカジノだからこそ非常に使い勝手の良い方法 といえるのです。

スロット用語ブラックジャックの遊び方 66318

ブラックジャックの遊び方

この合計値が「 21 」に近い方が勝つわけですが、プレイヤーは合計が21以下であればプレイヤーの裁量で何度でもカードをひくことができます。そのかわり、「21」を越えてしまうとバーストとなり、その時点でプレイヤーの負けが確定し賭け金は没収されます。 数の数え方は、「2」~「10」までは、その数字をそのまま数えます。絵札(Kキング・Qクィーン・Jジャック)はそのままの数字ではなく「10」として計算します。 また、Aエースは「1」としても「11」としてもプレイヤーの都合のいい数として計算することができます。Aエースを「11」として計算する時の手をソフトハンドといいます。 プレイヤーとディーラーの数を比較し、21に近い方が勝ちです。同じ「21」でもA(エース)と「10」または絵札の場合は「 ブラックジャック 」となり最も強い手になります。 同じ数だと引き分けです。ディーラーが「21」を超えてバーストすると、プレイヤーはどんな数であろうが勝ちになります。ただし、先にプレイヤーがバーストしていた場合は、その時点で負けが確定していますので、例えディーラーがバーストしても引き分けにはなりません。 ヒット (Hit カードをもう1枚要求すること。 ランドカジノでは「Hit」と言うか、テーブルを軽くコンコンと叩くとヒットの合図になります。 スタンド (Stand カードがもういらない場合に選択します。 ランドカジノでは「Stand」や「Stay」「No More」と言うか、テーブルの上で手のひらを下に左右に振るとスタンドの合図になります。

コメント