参加

カジノスロットの遊び方やジャックポットの種類・仕組みの詳細解説

ルール遊び方ドルボーナスチャンス 21106

関連記事(一部広告)

そしてその勝負は、個々のプレーヤー(自分を含めた他の一般の客)とディーラー(カジノ側のスタッフでトランプを配る人)との 1対1 の対戦形式で勝敗が決められる。つまりプレーヤー同士(客同士)は互いにまったく関係ない。 超初心者読者のために、もっと具体的にわかりやすく説明するならば、Aさん、Bさん、Cさんが着席しているブラックジャックテーブルにおいて、あなたも参加して合計4人でプレーすることとなった場合(ディーラーも含めると5人)、対戦は、Aさんとディーラー、Bさんとディーラー、Cさんとディーラー、そしてあなたとディーラーがそれぞれの手で勝負することになり、参加者同士は対戦相手ではないので、互いの手はまったく関係ない。  とにかくわかりやすい単純なゲームなので、まずは恐れずに参加してみるとよいだろう。以下は参加の手順だ。 この 「賭け金を決める」 という動作は、自分の目の前のテーブル上の指定された位置(多くの場合、丸や四角、もしくはそのカジノのロゴなどが描かれている場所)に賭け金を置くという行為で、それがゲームへの参加の意思表示となる。 ディーラーに配られた 2枚のカードのうちの1枚は全員に数字が見えるように表向きに配られる。この見えているほうのカードのことを 「アップカード」 というが、実戦でこの言葉が使われることはないので、この言葉をあえて覚える必要はまったくない。

【カジ旅】思い切って900ドルを入金して遊んでみた!


コメント