リソース

マカオのカジノ産業が「脱賭博」で狙う新顧客層

債務調査ギャラクシーマカオカジノ 62385

Galaxy Entertainment 19年度3Q EBITDA 576億円YoY6%増~マカオ安定財務力。日本営業強調

比較的早い初期段階においても、マカオへの訪問客数と収益への影響は驚異的であった。1月27日から2月10日の間にマカオに到着した観光客数はわずか18万7,人で、前年比90%減となり、非常に重要な中国の春節(旧正月)の大型連休を直撃した。マカオのカジノの閉鎖は、マカオ特別行政区で10番目の陽性反応が確認された後の2月5日に行われ、さらに国境規制が強化されたため、2月8日土曜日には観光客数はわずか2,人にまで減少した。 これは公安警察が記録を取り始めてから、1日あたりの合計者数としては最低となる。総体的に見ると、年度中のマカオへの1日の平均観光客数は10万8,人であった。 今日までの報道では、武漢の生鮮市場が新型コロナウイルスの発生源であることがはっきりと示されている。年12月に最初に特定され、年1月下旬まで広く報道されなかったが、執筆時点では世界中で80万人以上が感染し、4万人以上の死者を出している その後は、感染者万人、死者10万人超に 。

朝日新聞 金融取材チーム Twitter

新型コロナウイルス(COVID)の影響で、2月以降ほとんど売上高がない中、会社は財務体質の強さ、環境への抵抗力を強調。 同社の3月末のネット手元流動性(手元流動性から有利子負債を減算)は、6,億円。 マカオ政府は、カジノ施設を2月5日から19日まで閉鎖した後、再開した。ただし、現在、域外顧客のマカオへの入境が困難な情勢。渡航関連規制は以下の通り。 ・中国政府は、1月末より、本土住民のマカオへの入境を制限。個人旅行(Individual Visit Scheme)ビザの新規発給、団体旅行ビザとも停止中 ・マカオ政府は、3月18日より、外国人の入境を禁止 ・マカオ政府は、3月25日より、マカオ以外の中国住民(本土,香港,台湾)で過去14日に外国を訪問した者は入境禁止 ・マカオ政府は、3月25日より、香港, 台湾からの入境者に14日間の強制隔離 なお、マカオ訪問者(年3Q, 月)のうち、70%が中国本土、13%が香港、韓国が4%、台湾が3%など。 新型コロナウイルス(COVID)についての会社側コメントは以下の通り ・渡航関連規制の先行き(緩和時期)は予想しえない ・中国経済は打撃を受けており、以前のレベル回復には時間を要する ・ゆえに、新型コロナウイルスとのインパクトを定量化することはできない ・Galaxy Macau第3,4期の開発に影響を与える。 開発アップデート: ・Galaxy Macau, StarWorld Macauアップグレード  15億香港ドル(億円)投資はほぼ完了 ・Galaxy Macau第3期&4期  開発予算億香港ドル以上(約6,億円以上)  延べ床面積万㎡レベル想定,  3, 4期合計 ホテル3,室(ヴィラ含む), MICE37,㎡, アリーナ46,㎡(16,席), 飲食, カジノなど  年8月、Galaxy International Convention Center(GICC) Galaxy Arena, Andaz Hotel(Hyatt)の具体的計画を発表 ・横琴(Hengqin)地区  2。 背景には、4月19日に、崔世安(Fernando Chui Sai On)・マカオ特別行政区行政長官が、議会にて、再入札が現行コンセッション満期(年6月26日)前に実施されること、すなわち現行営業権の延長オプションを行使しない方針を明らかにしたことがある。

コメント