リソース

グランドハイアット・マカオホテルでワンランク上の旅行を~カジノを優雅に楽しみたい貴方に~

日本語グランドハイアットマカオカジノ 65991

カジノもショーもスイーツも充実の5つ星ホテル

日本から気軽にカジノ旅できる国として人気の 「マカオ」 初めての海外旅行で心配なのは、日本語が通じないこと。マカオで日本語や英語対応ができるスタッフが充実しているカジノホテル「グランドハイアット・マカオホテル」を紹介します! 世界レベルの水上ショーも楽しめる高級ホテルを、ぜひチェックしておきましょう。 一般的にマカオでは英語が通じると言われていますが、大きなカジノリゾートで英語が通じなかった・・・という経験をされている方も少なくないようです。 というのも、マカオのカジノを楽しんでいるのは7割が中国本土からの観光客と言われるほど中国人が多く、それに併せてスタッフも中国語や広東語が得意で、英語はそこまで・・・というのが、現状です。

ユーザーに人気の設備・サービス

再開発が進むコタイ地区 マカオの中国語表記は「澳門」。正式名称は「中華人民共和国澳門特別行政区」。マカオは、旧ポルトガル植民地で、世界遺産とカジノとが有名なことで知られる小さな街。中国・広東省と陸続きのマカオ半島、離島のコロアン島、 タイパ島 、そしてその両島の間を埋め立ててできたコタイ地区で構成される。 そのうち、コタイ地区では、ヴェネチアン・マカオ・リゾートホテルを始め、フォーシーズンズなど高級ホテルが続々と建ち、ラスベガスの「ストリップ」と呼ばれる大通りにちなんで「コタイ・ストリップ」という名のカジノ・リゾート通りの建設が進められている。将来的には、シャングリ・ラ、セントレジス、シェラトン、ザ・リッツ・カールトン、コンラッド、Wホテルなどもこのコタイ・ストリップに誕生するという。 グランド ハイアットマカオは、ヴェネチアン・マカオ・リゾートホテルの向かいに建設された「シティ・オブ・ドリームス」というエンターテイメント施設の中にクラウン・タワーズ、ハードロック・ホテルと並んで建っている。年9月にオープンしたばかりの新しいホテルで、客室数は室、グランドタワーとグランドクラブタワーの2棟からの構成。通常はマカオの至る所にある「シティ・オブ・ドリームス」行きの無料シャトルバスに乗って、「シティ・オブ・ドリームス」の正面から歩いてロビーへ向かう。タクシーで直接行く場合には、「シティ・オブ・ドリームス」入り口とは反対側の車寄せに到着する。 ロビーが豪華だ。天井が高く、すごい迫力で、まさにグランド ハイアットという感じ。右側の奥に、グランドタワーのフロントが、左側には、グランドクラブタワーのクラブラウンジがそれぞれある。 客室のカテゴリーについて ここのホテルの客室タイプは少々複雑。年9月のオープン当初、最もスタンダードな客室は64㎡の「デラックスルーム」だった。その後、年1月頃には、部屋が広すぎるためか、「デラックスルーム」が「グランドスイート」に名称変更。ところが、年2月に再度ホテルの公式HPを確認すると、「グランドスイート」の下に52㎡の「デラックスルーム」が存在している。 わかっていることは、このホテルでは「グランドスイート」のように「スイート」という名前が付いていても、クラブラウンジが利用できないこと。クラブラウンジを利用するには「クラブデラックス」以上の客室を予約する必要がある。クラブラウンジへのアクセスがある客室のチェックインはグランドクラブタワー、ない客室はグランドタワーとなる。 グランドクラブタワーのチェックインカウンターの奥は、クラブラウンジになっている。フロントスタッフは、ひとり口調がきつめの中国人らしきスタッフがいた以外は、みな愛想も良くて、親切だ。シンプルなエレベーターホールは、最近のハイアットらしいテイストだろう。 エレベーターホールからは「シティ・オブ・ドリームス」とは反対側の飛行場ビューが見えるが、特に何もないので、眺望は「シティ・オブ・ドリームス」側がオススメ。 Club Deluxe King このホテルは7階から37階までが客室になっているが、眺望を左右するのは客室の高低ではなく、その位置だ。特に、グランドクラブタワーの場合、「シティ・オブ・ドリームス」がフロア図の左側にあるため、左側に位置するコーナールーム以外は「シティ・オブ・ドリームス」がほとんど見えないということになる。 コーナールーム 今回の部屋はリクエストどおり、「シティ・オブ・ドリームス」が見えるコーナールーム。通常の客室は窓が1面のみだが、この部屋は2面が窓になっているため、開放感がある。 52㎡の部屋がとても広く感じる。「グランドスイート」のようにベッドルームとリビングルームが壁で分けられておらず、ベッドのすぐ横にリビングスペースがあるのだが、L字型のソファーが十分な大きさだし、壁がないことで却って広く感じる。部屋の2面の壁に窓が付いていることやバスルームの壁がガラス張りになっていることも部屋が広く感じる理由かもしれない。

世界最大級の水上ショーが楽しめる高級カジノホテル。日本語対応も充実

そのため、日本人観光客からも人気が高く、フロントにも日本語が分かるスタッフがいることが多いので、初めてのマカオ旅行にこのホテルを選ぶ日本人観光客も多いようです。 同時に英語が堪能なスタッフも多くいます。 複数のホテルと雰囲気の異なる2つのカジノが併設する「シティ・オブ・ドリームズ」 その中でも「グランドハイアット・マカオホテル」の見どころは、シルク・ド・ソレイユなどを手掛けた監督による水上ショーが楽しめる事でしょう。 ライトアップされた幻想的な噴水の演出と70名上の技術者によるサーカスを融合させた圧巻の演出は世界的に有名で高い人気を誇っています。 他にもこのホテルではラウンジのパティスリーで買えるエッグタルトが絶品! 有名エッグタルト店のオーナーがグランドハイアットグループのパティスリーで修業していたということもあり、その味は有名店にも劣りません。 オンラインカジノ比較ナビ 世界のカジノホテル マカオ グランドハイアット・マカオホテル。 ホテル概要 ホテルの特徴 カジノ情報 施設・サービス アクセス・地図。

日本語グランドハイアットマカオカジノ 44477

Grand Hyatt Macau 澳門君悅酒店

ハイアットのゴールドパスポートに入っているので、香港の仕事の帰りにマカオによりました CODという、シティオブドリームスというカジノスペースがあるのですが、レストあり、バーあり、ショーあり、もちろんゲームはたくさんあるという場所です そのCODにはクラウン、ハードロックカフェ、グランドハイアットのホテル3軒が併設されており、とても便利な場所にあります カジノで遊ぶにはいいホテルですよ!夜中まで遊んでくたくたになっても、すぐに部屋に帰れます 広い部屋を希望したので、かなりゆっくり過ごせました アメニティーにはネスプレッソがあり、美味しいコーヒーが飲めます 夜景ももちろん楽しむことができます ぜひ、行ってみてください、楽しいですよ!!! Grand King Suiteに一泊しました。 部屋は、リビングはとても広く、ベッドルームはそんなでもないけど十分な広さでした。モダンだけどダークブラウンを基調としたインテリアで、誰かのおうちのように落ち着けました。他のこの地区のホテル同様に景観はダメです。 朝食のビュッフェはまでとゆっくりめでありがたく、また、種類が豊富なのは言うまでもありませんが、ワンタン麺があったのは珍しかったです。 空港、フェリーターミナルからもほど近いうえにシャトルバスもあるし、マカオ半島からは遠いですが、お向かいはヴェネチアンだし、十分楽しくすごせると思います。 フェリーターミナルからは,City of Dreams行のシャトルバスが頻発しており容易にアクセスできます。クラブルームに宿泊しましたが部屋も広く,まだ出来たばかりのためきれいで快適でした。特に客室内のNespresso,ネット無料接続,2台の洗面台,広い浴室,等満足いくものでした。レストランの味やサービスも良かったです。ただ難点は,周辺開発が遅れており,ベネチアン以外は殺伐とした光景が広がっていることでしょうか。 マカオ ホテル 観光 レストラン 航空券 ショッピング 航空券+ホテル クルーズ レンタカー 掲示板 航空会社 今日のトピックス ブログ アワード ヘルプセンター。 カジノで遊ぶには最高! - グランド ハイアット マカオ。 グランド ハイアット マカオ。

カジノで遊ぶには最高! - グランド ハイアット マカオ

ホテルコード: MFMGHYT。 お気に入りに追加しました。 リストを表示する。

コメント