リソース

ロレンゾ・フェティータ

投資ビンゴカジノ 29294

~カンボジア「Roxy Hotel & Casino」内『Roxy Casino』~

時価総額:5,百万円 PER: 連 。 酸いも甘いも噛み分けた中年トレーダーが「今後の注目銘柄」や「優良・悪徳 投資顧問会社」などの使える情報を当ブログで公開していきます。また、投資顧問会社の利用体験、口コミも大募集中。 メニュー HOME 最新注目銘柄速報 投資顧問会社のクチコミ こんな投資顧問は危険!? 株用語集 お問い合わせ 公式LINE。

【プレビン】プレミアムビンゴの低投資ゾーン狙い【吉宗と政宗】


4507 塩野義製薬

日本のパチンコ市場は年で1億円程度でした。それが、高度成長期真っ只中の昭和53年頃から、 「第一黄金期」 と呼ばれる急速な成長期を迎え、全国的に拡大。75年に億円、80年で1兆円、85年で10兆円、90年で15兆円、95年で32兆円…と、最盛期には30兆円市場と言われた巨大市場。しかし、現在の日本のパチンコ業界は景気の後退と共に縮小傾向です。 そんな時に 次に目を向けるべきは海外 ではないでしょうか? そして、フィリピンは今まさに、 高度成長期を迎え始めている国 なのです。 フィリピンは今、かつての大阪万博の日本並の経済成長力をもって発展しています。そして日本の辿った歴史をなぞるかのように街中に「e-Bingo」の看板が増え始め、マシンが並び、 立ち見で台が空くのを待つ遊戯待ちする人の姿はまさに、昭和60年頃、パチスロ1。 フィリピンのカジノは全て、PAGCOR パグコアー という公社が管轄しています。よって民間の会社が行うことはできません。 政府が運営しているので、セキュリティが厳しいですが、その分安全性も高いので、 安心してゲームをプレイすることができます 。 フィリピンは、東南アジア諸国連合(ASEAN)で最大の「カジノ大国」になる見込みだ。 スイス金融大手クレディ・スイスは、同国カジノ産業の市場規模が2018年までに56億ドル(約5370億円)を超え、シンガポールを上回ると予想した。現地紙インクワイアラーなどが報じた。 クレディ・スイスによると、フィリピンのカジノ産業は18年まで年平均28%の成長を維持する見通し。 人口9700万のフィリピンは、カジノが盛んなマカオやシンガポール、マレーシアなどよりも人口が多い点が有利に働くほか、労働人口が年2%ずつ増加するとともに所得増で購買力が高まり、 娯楽産業の規模が飛躍的に拡大するという。ASEAN域内では、フィリピン以外に15年までカジノの開業が予定されていないのも追い風だ。 現在、マカオを除けば、IRの開発が最も活発化している国はフィリピンです。フィリピンでは年に第1号のIRとしてResorts World Manilaが開業しました。その後、マニラ湾カジノリゾート・プロジェクトが進展中です。同プロジェクトは約85ヘクタールの埋め立て地に4つのIRを集積させるプロジェクトであり、4つのIR合計の投資額は億円レベルです。年3月にSolaire Manilaが開業し、年にはCity of Dreams Manila、年にはManila Bay Resorts、年にはResorts World Bayshoreが開業予定です。Resorts World Manila、Solaire Manilaとも業績は順調であり、今後、開業予定の施設群も収支見通しは強気です。

アクロディア、提携でオンラインビンゴカジノシステムの展開は加速か

ロレンゾ・フェティータ (Lorenzo Fertitta、 年 1月3日 - )は、 アメリカ合衆国 の 起業家 、 投資家 、 慈善活動家 。フェティータ・キャピタル会長、レッド・ロック・リゾート副会長。元 UFC の 最高経営責任者 (CEO)。 父親のフランク・フェティータ・ジュニアは移住したラスベガスで、カジノの ディーラー として スターダスト・リゾート&カジノ で働き、後に トロピカーナ 、サハラ、 サーカス・サーカス でカジノ部門の管理職を務めた。 フェティータ・ジュニアは、年に引退するまで息子達とカジノ開発・運営会社の「 ステーション・カジノ 」を経営。引退後もベンチャービジネス、コミュニティサービス、慈善活動に積極的に取り組み、年に死去した際に、ラスベガス市長オスカー・グッドマンから「ラスベガスの歴史の中で最も成功したビジネスパーソンの1人」と称えられた。 フェティータ・エンタープライズで年から年まで 副社長 に就任、年6月から年7月まで 社長 と 最高経営責任者 を兼任。主に不動産と有価証券の投資ポートフォリオ事業を担当した。

欧州為替:ドル・円は107円40銭台、米長期金利は上昇一服

新規事業は、5月11日に(株)マイクロブラッドサイエンスと血液検査システムのアプリの開発の提携の発表をいたしまして、この流れで6月8日に塩野義製薬(株)と新型コロナウイルスの抗体検査キット販売の販売提携の契約を発表いたしました。 弊社といたしましては、抗体検査により、一日も早く安心した社会生活が送れる世の中が来ることに貢献できるようにこの事業に全力をあげて取り組む事にいたしました。 抗体検査結果は多くの場合一時的な情報として扱われていました。弊社ではスマホアプリとクラウドで管理しますので組織的な情報管理が可能です。またスマホ技術を用い個人認証、改ざん防止で結果を守ります。(別サービスで開発中) 既に販売契約締結後から本格的に全社グループをあげて販売活動を開始いたしており、業績に影響を与えるような提携ができた場合は適時開示させて頂きます。 株主、投資家の皆様方には、弊社へ投資して良かったと思っていただけるような会社に一日も早くなれるようにいたしたいと思います。 今後とも何卒ご支援ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。 このたび、16期の上半期の決算発表いたしましたが、今期の事業計画からかなりかけ離れた悪い数字となっております。 私も、社長就任後、初めての決算発表であり非常に残念な上半期の決算ではありますが、大いに反省すべき点は真摯に受け止め、今後は収益に結び付く経営に邁進する所存です。 まず赤字に陥った最大の原因は、やはり新型コロナの影響です。1月末より弊社グループも受け始め、2月はかなり大きなダメージを受けました。 弊社グループの一つの収益の柱であった渋谷肉横丁は、消費税の値上がりの影響で収益が落ち込み、その矢先に新型コロナの影響を受け、渋谷肉横丁買収以来初めて、営業損益が赤字となりました。 また今後の収益の柱へ育ててゆく予定でありましたビンゴカジノビジネスも、カンボジアのバベットでビジネスを開始してまもなく、ベトナムとの国境が新型コロナで閉鎖されました。 カンボジア人にはカジノは禁止されていますから、顧客の大半はベトナム人ですので国境閉鎖になるとビジネスができなくなります。3月20日にはベトナム、カンボジア両国間で完全に国境は閉鎖され4月からはカンボジアでも非常事態宣言が発令され全部のカジノ店の閉鎖状態が続いております。ゆえにやむを得ずビジネスの目途がたたないのでカンボジアでのビンゴカジノビジネスはシステム供給の戦略に切り替え直営店は売却いたしました。 不可抗力の事態に甘んじては、現状の脱却は図る事はできないと思いますので、私としましては、下記の実施を早急に行う予定です。

コメント