リソース

創業155年、服装チェックあり モナコ伝統のカジノに行ってみた

現金万円モナコカジノ 51592

7年ぶりのモナコオフ会・参加者

その1 百年の物語。 日本のドラマで 「百年の物語」 というのを見た。 ビデオを借りて来たのだが、3番目のお話ではラスベガスのカジノが出て来る。このドラマは1年以上前の放送らしいが、日本では視聴率も良かったそうなので覚えている方もいらっしゃるだろうか? カジノでの場面を振り返ってみると・・・。 まず、財布をすられた主人公がいる。主人公は質屋(Pawnshop)に出かけ、金目のもの全てを現金に替える。 実際、ラスベガスには質屋が多い。最近、日本では質屋もイメージ・チェンジしたそうだが、アメリカの質屋のイメージはかなり良くない。 質屋がある場所も、大抵は治安の良くないエリアに集中している事が多いようだ。なお、質屋では2通りの取り引きが出来る。 ドラマの主人公は、どちらの方法で取り引きをしたのか? 高そうなバイオのノート・パソコンもあったが、全部でドルにしかならなかった?ようだ。 このドルを元手にルーレットをする主人公。まず、テーブルにてルーレット用のチップを買う。これを Buy In (バイ・イン と呼ぶ。ゲームの種類にかかわらず、バイ・インの時はお金をテーブルの上に置けばいい。直接ディーラーに手渡そうと すると「Put it on the table」とか言われてしまう。これは不正防止の為、ディーラーはお客から直接物やお金を受け取れないルールになっているからだ。 バイ・インの時に1枚のチップの額を聞かれる。 安く遊びたければ 50 セント・チップにすればいい。「Halfs」 とか「50 Cents Please」とか言えばいいが、一部の高級カジノや週末等は50セント・チップをやっていない場合もある。ハーフの場合、50ドルで枚のチップがもらえる。 1ドル・チップがよければ 「Dollars Please」と言えば、 50 ドルで 50 枚のチップをくれる。自分のラッキーカラーなるものがあるなら、リクエストしてみればいい。他の人がその色を使っていなければ、リクエストに応えてくれる。 その2 チップ。

過去120日間に落札された商品 32件

IDでもっと便利に 新規取得。 すべての機能を利用するにはJavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法はこちら 。 ログイン IDでもっと便利に 新規取得。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

現在、中国から持ち出せる現金は一人あたり20,元 約35万円 。当然この金額ではホテルに泊まり、食事をし、ちょっと遊んだところでお金は終わってしまう。そこで各地域にあるVIP倶楽部オフィスが重要な役割を果たす。が、しかし見方によっては地下銀行以外の何物でもない。 最近では持ち出し制限をかい潜る為、銀聯カードを利用した現金引き出しが横行し、現在、それらのシステムを停止する方向で動いている。いずれにしても、 1。 税収が増える。と言う流れに期待しているのは分かるし、誰であろうが期待する。が、しかし問題は 2 と 3 の狭間に存在する。

コメント