品種

FACEBOOKが「子供のゲーム課金」を誘導していた。裁判資料から明らかに

で使えるクレジットカードフェイスブックゲーム 41449

インスタグラムでもいずれ使えるように

ニュースサマリー :Facebookは12日、送金・決済サービス事業の一環として「Facebook Pay」を開始することを発表した。同サービスはFacebook、Facebook Messenger、Instagram、WhatsApp上にて、シームレスに利用できる統一決済サービス。 Facebookは年より「Payments」と呼ばれる送金サービスをメッセンジャー上にてすでに開始していた。しかし同サービスは、基本的に銀行口座間における送金のみの対応となっていた。対してFacebook Payではクレジットカードを通した決済も可能となるのが特徴だ。 プレスリリースによれば、Facebook Payは今週より米国ユーザー向けに提供が開始される。まずはFacebook上における小口資金調達、ゲーム内課金、イベントチケット購入、マーケットプレイスでの取引、個人間決済を対象としてサービスが提供される。

子供向けゲームでのルートボックスを禁じる法案を米上院議員が提出。カネで有利になる要素も規制対象

アメリカの非営利ジャーナリズム組織Reveal Newsによると、この裁判記録はFacebookが『Angry Birds』や『Petville』、『Ninja Saga』などのオンライゲームの収益拡大をめざし、どのように子供達をターゲットとしたかに焦点を当てた集団訴訟の一環とされています。 Facebookの社内文書は、子供がお金を使っている意識さえないケースもあると、Facebook社員が認識していたことを裏付けています。たとえば『Angry Birds』のプレイヤーの平均年齢が5歳であるなど、子供がメインユーザーとなっているゲームもありました。そして、ゲームで使える「Facebookポイント」というサービス内通貨(年に廃止)を購入する際に、親のクレジットカード使用を防ぐための承認ステップがありませんでした。 さらに社員の1人は、子供が課金した総額の9%以上がクレジットカード会社によりチャージバック(カード売上げの強制返金)されていると気づいたとのこと。つまり、子供が無断でカードを使用していると知った親がFacebookに掛け合っても拒否されたため、カード会社に訴えて返金を受けていたわけです。ちなみに一般企業の平均チャージバック率は0。 広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales verizonmedia。 AV 変ガジェット ノートPC ポータブルオーディオ ロボット ディスプレイ カメラ デスクトップPC 周辺機器 ウェアラブル ゲーム ストレージ ソフトウェア タブレット 科学 携帯電話 電子書籍・リーダー 家電 インターネット その他ガジェット ネットワーク 乗り物・運輸 お知らせ。 Engadget Japanese 日本版。 Sponsored Contents。 Image credit:。

facebookペイ、米国で週内開始 リブラより先行 :日本経済新聞

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。 天気 プレスリリース検索。 トップ 速報 アクセスランキング トピック一覧 人事 おくやみ プレスリリース ビジュアルデータ 写真 映像 社説 統計 話題のトピック 新型コロナ 米大統領選 就活 FT お金のトリセツ 人生年の羅針盤 経営者ブログ ヒットのクスリ モバイルの達人 今週の予定。

Facebook Payの可能性は「現代のガレージセール」にあり – BRIDGE(ブリッジ)

Facebook支払いは世界中で利用でき、 80種類あまりの支払い方法 と 55種類あまりの通貨 に対応しています。各地域の市場に合った価格設定を採用すれば、開発者はビジネスのパフォーマンスを最適化し、ユーザーに現地の自然な感覚で購入行動を起こさせることができます。 Facebookの支払いを使用すると、開発者は任意の価格ポイントと任意の現地通貨で、柔軟に製品の価格を設定できます。このシステムでは、利用者が簡単に購入手続きを行うことができ、支払いプロセスのパフォーマンスが向上するとともに、開発者の皆様は世界中の利用者に対応した価格をバーチャル製品に簡単に設定できます。Facebookの開発者サポート体制については、 開発者向け支払いサポートサービス をご覧ください。 クレジットカード 利用者がクレジットカードでの購入を選択し、前にクレジットカードを使用してFacebookで買い物をしたことがある場合は、前のクレジットカードの詳細を引き続き使用するオプションが表示されます。クレジットカードでの購入を利用者が希望したがFacebookに登録されていない場合は、新しいクレジットカードの詳細を入力する画面が表示されます。 PayPal プレイヤーがPayPalアカウントからの支払いを選択し、PayPalの詳細がFacebookにすでに登録されている場合は、PayPalオプションの下に自分のメールアドレスが表示されます。 [OK] をクリックすると、PayPalログインウィンドウにメールアドレスが自動的に入力されます。PayPalアカウントを使用することを利用者が選択したもののFacebookに関連付けられているアカウントがない場合は、最初にアカウントとの関連付けを行います。 携帯電話 ほとんどの地域で、利用者は携帯電話での支払いも選択できます。この場合、請求は直接請求またはSMSを使用して、毎月の携帯電話料金に反映されます。利用者が以前に携帯電話の詳細をFacebookに登録していない場合は、情報を入力してから取引を続行するように求められます。携帯電話が有効であることを確認するために、指定した番号にSMSからコードが送信されます。

コメント