品種

ラスベガスのカジノで、20ドルから100万ドルのジャックポット!

を含む統合型リゾートタイタンキングカジノホテル 7020

IR誘致(カジノを含む統合型リゾート施設)とは?

こんにちは!Casimo編集部の笠原豪です。 今回は 「日本から気軽にいけるアジアのおすすめカジノ」 についてご紹介していきたいと思います! カジノと言えば、 ラスベガスやヨーロッパとイメージする人も多い かと思いますが、 実は日本から近いアジアにも魅力的なカジノが数多くあります。 特にオススメなのが 「マカオ」「韓国」「シンガポール」「フィリピン」「カンボジア」 の5つで、カジノ初心者でも行けるカジノが数多くあるので是非チェックしてください! マカオのカジノは 年にラスベガスのカジノの売上を抜き、世界一のカジノ大国として有名 です。カジノゲームで特に 人気なのがバカラとシックボー で、2つのカジノゲームはマカオが発祥とされています。 カジノの年齢制限は21歳以上 で、成人しているからといって遊べるわけではありません。カジノに入るときは 必ず年齢確認のためにパスポートを持参 するようにしましょう。 スタジオ・シティ・マカオは年にオープンし、総工費約億円もかかって作られたリゾート施設です。 施設の外装は映画の世界ををイメージして作られたため、とてもゴージャス です。

バナー・ベラジョンカジノ

カジノ法案(統合型リゾート IR 整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと 「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律 です。 では、この統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと、カジノのほかにホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設を一区画に含んだ 複合観光集客施設 です。 日本から気軽に行ける大規模なIRといえばマカオ。「ヴェネチアン・マカオ」は館内がまるごとヴェネツィアの街に!ゴンドラで移動しながらショッピングが楽しめます。 他にもエッフェル塔がそびえ立つ「ザ・パリジャン・マカオ」など、スケールの大きさに目を見張るばかりです! 世界のカジノ都市を代表するアメリカ・ラスベガスには、カジノホテルがたくさん。ラスベガス最初のカジノホテルとして知られる「フラミンゴ・ラスベガス」は、まさにオールド・アメリカンなカジノのイメージそのもの。 映画のようなクラシックなカジノ体験が待っています。

カジノを含む統合型リゾート施設(IR=Integrated Resort)とは

豊富な資源を持っている北海道では、苫小牧がIR誘致の候補地として挙がっています。広大な土地や資源はIR開発には必要不可欠。地域の特性を活かして、自然共生型を コンセプト にIRを展開予定です。 幕張新都心における統合型リゾート IR の民間事業者からの提案と本市の考え方|千葉市。 IR情報|愛知県 IR情報(市政情報)|名古屋市。 しかし、近隣のアジア圏内にはシンガポール・マカオといった巨大IRの地域があるため、斬新な コンセプト を打ち出さない限りライバルに打ち勝つことは難しいかもしれません。 基礎からわかる! BtoBマーケティング実践ガイド BtoBビジネスで勝てるマーケティングのノウハウを1冊の資料にまとめました。(全65ページ) 詳細はこちら。 近年話題になっているカジノを含む統合型リゾート施設の解禁(IR誘致)。各都市、IR誘致をすすめようとする働きが活発になっています。 「どれくらいの経済効果があるのか」「どこに作られるのか?」と場所について気になる人もいるでしょう。今回はカジノを含む統合型施設が作られる、現時点での有力候補地をまとめました。

コメント