品種

オンラインカジノ用語集

スロット用語イーブンマネーベット 29465

2015年11月24日

カジノのルーレットは、Wheel(ホイール: 画像赤枠 )と呼ばれる数字の書かれた円盤と、テーブル(レイアウト: 画像青枠 )を使用して遊ぶゲームです。 ストレート・アップは別名「シングルナンバー Single Number 」と言って、1つの数字に対して賭ける方法で、36個の数字とゼロを含んだ全てに対して賭けることができます。1点賭けは当たる確率が極めて低いため、当たると高配当が期待できます。 コーナー・ベットは別名「Quad Bet(クゥアド・ベット)」「Quarter Bet(クォーター・ベット)」「Square Bet(スクエア・ベット)」と言って、4つの数字に対して賭ける方法です。 ダブル・ストリート・ベットは別名「Line bet(ラインベット)」「Six Numbers Bet(シックス・ナンバーズ・ベット)」と言って、2列を利用して合計6つの数字に対して賭ける方法です。 ダズン・ベットは別名「Section Bet(セクション・ベット)」と言って、1st 12(1~12の数字)、2nd 12(13~24の数字)、3rd 12(25~36の数字)のグループごとに賭ける方法です。 第1位 ベラジョンカジノ|高額賞金獲得者が続出! 日本円で 約1億9千万円など高額賞金獲得者が続出! ベラジョンカジノでは、数十万から数百万の単位で、日々いろんな方が大金を獲得しています。

ルーレットの遊び方と流れ

アイ・イン・ザ・スカイ Eye in the Sky カジノで使用される監視用ビデオカメラ用のことを指すスラング。通常、ゲームエリアの上の天井に配置される。 アップカード Up Card ブラックジャックにおいて、ディーラーに配られた最初の2枚のカードの内、全プレイヤーが見ることができる表向きのカードのこと。 インシュランス Insurance 特定のカジノゲーム、主にブラックジャックにおいて行われるサイドベット。ディーラーのフェイスガードがエースの場合、つまりディーラーが勝つ確率が非常に高い場合にプレイヤー側の「保険」的に行われるが、その保険に入るかどうかはプレイヤーが選ぶことができる。

【初心者必読】覚えておきたいルーレットのルールと賭け方まとめ

オンラインカジノ 初心者は見慣れない言葉やフレーズ、独特の言い回しなどに戸惑ってしまうかもしれません。でも心配はいりません。このページでは、よく使われるカジノとスロットの用語を50音順で解説していきます。これらを知っておけばプレイする楽しみも倍増するはずです! カジノが用意するプロモーションの一種で、入金したり負けたりした場合に一定割合がボーナスという形で返還されるシステムを指す。すべてのカジノが行っているわけではない。 Casino Secret など一部のカジノではスロットなどの負けをキャッシュバックすることで知られている。 Quickfire(クイックファイア)はカジノゲーム開発大手のMicrogaming(マイクロゲーミング)社による業界最大級のソフトウェアプラットフォームである。Microgamingと提携することで小さな カジノソフトプロバイダー でもQuickfireプラットフォーム上で自前のゲームを展開することができ、プレイヤー側は聞いたこともないようなレアなゲームをオンラインカジノで体験できるようになった。 以前は スロットトーナメント などのマルチプレイヤー機能を搭載した Viper というMicrogamingカジノソフトウェアをダウンロードする必要があったが、Quickfireはウェブブラウザでそのまま使えるので非常に便利になった。さすがMicrogamingと言わざるを得ない。 多くの 日本向けカジノサイト で人気のスロットトーナメント。形式はトーナメントによってさまざまだが、ほとんどのものには順位表があり、指定されたスロットなどで勝った額や賭けた額によって順位が決まる。トーナメントの開催期間もそれぞれで、1日で終わるものもあれば1か月続いたりするものもある。上位にランキングした者が賞金総額を分ける形式が多い。 KYC(Know Your Customer)や本人確認とも呼ばれるこのプロセス、初めて出金する前にほとんどのオンラインカジノがプレイヤーに課している。本人確認をすることで、なりすまし詐欺などから保護するという目的がある。身分証などのコピーを送付して本人確認することで、入金に使われたカードなどが盗まれたものでないことを証明する。慣れないうちは面倒だがプレイヤー自身の安全のためでもあるので仕方ない。慣れてしまえばどうということはない。 アカウント認証についての詳細はこちら 。

コメント